カナダの輸入住宅は北海道の気候に合う

「輸入住宅は、日本の気候に合わない」と、友達同士の雑談レベルから得た知識で、いつからかそう思っていました。けれども、いざ一戸建てマイホームを建てる段階になって、そして輸入住宅の仲介会社にも足を運んでみたら、「そうでもない」と思いました。

しかし、本州の湿気の高い住宅ですと、確かに輸入住宅は合わなかったりするようですね。けれど、私たちがマイホームを建てた地域は北海道の某所ですから。ですから、輸入住宅でも合っているのです。築5年が過ぎていますが、メンテナンスの必要もなく過ごすことができていますので。

ちなみにマイホームはカナダの輸入住宅です。輸入住宅を販売している会社の人によりますと、日本でも北海道は梅雨がなく湿気も少ない地域であり、カナダと気候が似ているのだとか。ですからカナダの輸入住宅も問題なく維持できるということでした。ですから結局輸入住宅に決めたのです。

もともと「海外にあるような三角屋根の家がいい」と思っていました。北海道の住宅は、積雪の関係で三角屋根の家がほとんどですが、しかし「外国の三角屋根の家」にしたかったのです。だってやっぱり外国の家と日本の家って同じ屋根の形でも全体の雰囲気が違いますから。けれども、先にも述べたように「日本の気候には輸入住宅は合わない」という、輸入住宅に対する先入観もありました。

それに「輸入住宅は高い」という輸入住宅の建設費面でも先入観があったのです。ですから輸入住宅の会社をいくつか訪れる際にも、「ま、デザインの参考にも輸入住宅を見てみよう!」的な感覚でした。ハウジングセンターを訪れるような感覚です。

しかし、輸入住宅の会社を訪れてみて、そして会社の人に話を聞いてみると、思いの外良い感じでしたので、「輸入住宅で建ててみようか」という気持ちが一気に加速したのです。なにより、「建設費用が意外と高くないんじゃん」という部分が大きかったですね。そこに大きく惹かれてしまいました。

まあ輸入住宅の中にも「高い輸入住宅」というものはありますけれど、私たちが選んだカナダの輸入住宅は建設費用自体は「まあそこそこ」ぐらいのものでした。まあ、北海道は温かい家を建てるために、断熱材も分厚いものを入れますから、一戸建て住宅の建設費用は本州よりも高いといいますからね。

ですからこそ、カナダの輸入住宅の建設費用に対しても、「まあこんなものでしょう」と受け入れることができたのかも知れませんね。なにより、カナダの輸入住宅の「ウッディーなぬくもり」的なデザインに惹かれました。やはり、輸入住宅となりますとデザインが「ザ・外国」的で日本のハウスメーカーの住宅とは一線を画すデザインでいいのですよね。そこが気に入っているポイントです。

PR|生命保険の口コミ.COM|サプリメント|生命保険の選び方|GetMoney|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|家計見直しクラブ|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|ショッピングカート|JALカード|お家の見直ししま専科|