「海外住宅」カテゴリーアーカイブ

輸入住宅のデメリットを知る必要性

輸入住宅は現地の落ち着いた雰囲気を味わえ価格が安くてあこがれるものですが、メリットばかりでなくデメリットもあります。輸入される素材は輸送中に痛むことも多く、不具合が起きて建てるまでに手間取ることも多いです。住宅物件は価格が高く不具合が起きるとリフォーム代が高くなり、輸入住宅にすると対応できないメーカーもあります。

住宅物件は価格だけを追求すると安物の素材を使うこともあり、いつの間にか不具合が起きやすいものです。輸入住宅は現地の状況に応じて素材の質などが変わりやすく、安心して依頼できる業者を探して納得ができるように建ててもらう必要があります。輸入素材は輸送コストが高くなると物件の価格もあがり、事前に見積もりをしてもらって決めることが重要です。

輸入住宅のデメリットを知る必要性は高く、ただ単にメリットだけでなく安心して暮らせるかどうか確かめて選ぶことが大事です。住宅物件は素材に欠陥があると建て直さないといけなくなり、余分な出費がかかり逆効果になります。

ヨーロピアン住宅やアメリカン住宅に感心を持つ

多くの方がヨーロピアン住宅やアメリカン住宅に感心を持っていると思いますが、それにはいくつか理由があると思います。
まず、ヨーロピアン住宅、アメリカン住宅は、日本人の感覚からいうと「かっこいい」というイメージがあります。海外のドラマや、映画の世界でこういった住宅は登場しますが、日本の家屋とは違い、最先端で、インテリアなどもオシャレであるというイメージがあります。日本の住宅とは色々なところで雰囲気や間取り、作りが違いますが、やはり日本よりも進んでいる部分がデザイン面でも多いです。特にヨーロッパはデザインや、ファッションに関しては最先端ですので、そういったものを多く取り入れることが出来る環境であるからこそ、進んでいる部分があります。
また、多くの人は、画一的な日本の住宅に少し物足りなさを感じているのだと思います。輸入住宅は住宅メーカーによって個性はあれど、デザイン面は少し似た部分がありますので、オリジナリティ溢れるこういった住宅に憧れるようです。

アメリカン住宅やヨーロピアン住宅の魅力

色々な住宅様式がありますが、新築物件で人気がある様式と言えばアメリカン住宅やヨーロピアン住宅です。注文住宅として輸入住宅の様式で建てる方もいますし、建売住宅として販売しているケースも少なくありません。建売住宅として何軒か並んで建てられている場合は、少しずつデザインが違っていたりします。

 

こんな風に人気がある理由を考えてみると、そのお洒落な佇まいが一番の魅力と言えるでしょう。明るい雰囲気の外観はファミリー世帯の人たちにとって憧れの住宅と言え、新生活に夢が膨らみます。内装も明るい雰囲気があり、今風の家としての魅力もあるでしょう。

 

またアメリカン住宅やヨーロピアン住宅は比較的低価格での建築も可能なので、手が届く範囲でお洒落な家を手に入れられる点も人気の理由です。誰しも素敵な家を手に入れたいと思うものですが、やはり家は大きな買い物になるため予算ありきで考える必要があります。手が届く範囲でお洒落な家を探し、最終的に選んだのがアメリカン住宅やヨーロピアン住宅だったというケースも多いでしょう。

多くの人がアメリカン住宅に憧れる理由

最近は多くの人が輸入住宅のマイホームに憧れるようになっています。
その理由は簡単で家を建てるならなるべく人とは違って家に住みたいと思っている人が多いからです。

それが分かりやすいのがアメリカン住宅になります。なぜならアメリカン住宅なら
明らかに日本の住宅メーカーが作った家とは違って家の間取りが広くなっているからです。

その広さに憧れる人が多くなっていてアメリカン住宅が良いと思っている人が多くなっています。
確かにアメリカン住宅を建てる事になればそれなりに高い金額が必要になります。

ですが、それだけの費用を払ってでもアメリカン住宅を建てる人が最近は多くなっています。
それはやはり今の若い人が家を建てるなら人とは違った家に住みたいと思う人が多くなっているからです。

なので昔と比べても明らかにアメリカン住宅に住みたいという人が多くなっています。
そして今後も家を建てる時は人とは違う家に住みたいという人はアメリカン住宅を建てる人も多くなっていくと思います。

海外(ドイツ)の住宅に暮らして良かった点

以前、ドイツに住んでいたことがあります。住まいは築40年以上の建物でした。元々は学校の寮として建てられたのを改装した建物だということでした。

海外(ドイツ)の住宅に暮らして良かった点は、まず建物がしっかりとした造りで重厚感があったことです。ドイツの住宅は、賃貸の集合住宅であっても古い石造りの建物を改装したものが多く、いい意味で重々しい雰囲気の建物が多かったと思います。歴史ある建築に住むのは情緒があっていいですね。

また、セントラルヒーティングで暖房がしっかりしていたのも良かったです。厳寒期には氷点下20度まで冷え込む地域ならではの暖房システムはとっても快適でした。セントラルヒーティングとは、ボイラーで沸かしたお湯を各部屋のラジエーターに送り込むことで建物全体を温める方式の暖房です。ドイツなどヨーロッパ北部ではかなり一般的な暖房らしく、一般家庭や集合住宅の多くがセントラルヒーティングでした。お部屋にはもともとラジエーター(パネルヒーターのようなもの)が設置されており、寒くなって全館で暖房が入るようになると常にラジエーターがほんのり温かくなります。24時間暖房なので、早朝でも寒くありません。空気が汚れることもなく、自分で暖房器具を買う必要もなく、暖房面では日本の住宅よりも快適でした。国内でも輸入住宅が人気で増えているわけですね。